歯科矯正と最初の痛みについて

本来あるべきところに天然の歯を、キレイに移動させる行為が歯科矯正であり、動かすということから、痛みを感じやすくもあります。

痛みはどうしてくるかというと、歯の周辺に存在する骨です。

大人しくそのままで存在した骨を、無理に動かすわけですから、痛くなるのも当然です。

渋谷の矯正を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

骨が動く痛みは、虫歯になった時の痛いのとは、痛いと感じる感覚が違います。歯医者さんで矯正装置を用意してもらい、本人にフィットするのはよいのですが、治療自体は痛みを感じやすいです。



装置を装着してから、だいたい4時間くらいもすると、だんだんと本人にも痛いという自覚症状を感じ始めます。ですが何もしていないのに痛いとなれば、本人にしても不思議な感覚でさえあるでしょう。
口内に装置を装着すると、歯はゆっくりと本来にポジションめがけて動くので、痛いを感じやすくなります。


最初は歯の付け根あたりに、なんとなく違和感があるように感じて、次第に痛いという感覚がわかってきます。
すぐになれるのかと思いきや、7日間くらいが最も痛いのですから、装着してから当分は違和感と痛い感覚に悩まされることになります。

でも子から、安定した痛みになってきますが、それでも多少の痛い感覚の中で過ごします。

歯医者さんに行って、装置を変えた場合に、やはり痛みが出ます。
何もしてないのに痛いと感じるのも面倒ですが、食品など物を噛むと痛いというのもよくあるケースです、歯科矯正をしている時には、トップで厄介さを感じる症状でしょう。

痛みを強く感じる時などは、美味しいご飯を噛むことすら痛いのですから、たまったものではありません。

待望のiemo情報をお届けします。

普通に噛み切る行為でさえ、フリーズ気味でいたいと感じます。しかし時間とともに痛みは少なくなって、14日ほどすればだいぶ和らぎます。

Copyright (C) 2016 歯科矯正と最初の痛みについて All Rights Reserved.